2006年04月14日

台北・美容院事情

前回、日本に帰国した時に切ったものの、
流石に煩わしい長さになってきたので、切りに行って来ました。

去年行った日本人経営のお店ではないです。
1500元も取られた(台北市内だと、洗髪+カットで400〜500元くらいが相場らしい)割に「……。」ってな感じだったので。

何だか、台湾で開業してる「日本人美容師」ってだけで無条件に日本人客は集まるらしく、他の日本人の話を聞いても、結構ピンキリなのね〜っていう印象を受けます。
まあ、日本で日本語使っても説明が難しいですから。
中国語では言わずもがな。
結局、美容師さんの腕云々じゃなくって「日本語が通じる」っていうんでお店選ぶ人(私も含めて)多いから、多少下手でも客は集まるんだろうな、と。

かく言う私も中国語だと、「短一點(少し短く)」くらいしか知りません。
あと、パーマとカラーリングなら単語だけ知ってる。
そんなレベルです。
言葉が分からないなら、雑誌の切り抜き持ってって、「こんな感じに」って言えば良いじゃん、と来た当初は思ってたんですが。
止められた。周りの日本人に。
「写真見せても絶対その通りになんか切ってくれないから!」
だそう。

ホントは中国語の練習の為に公館に立ち並ぶ美容院に行くのが妥当かとは思うんですが。
でも、髪の毛って(そのうち伸びるけど)失敗されたら取り返しつかないし。
伸びるまで引き篭もってて良いなら、行っても良いけど…(-_-)。
しかも、思うに台北市内で見かけるショートカットって一種類しかないんですけど…。
流行なのかも知れませんが、見事に同じ型してます。
フツー、ショートって言っても何パターンか種類があると思うんだけど。
かなりの確立で同じ系統のショートに出会います。
それもな〜、という感じ。

さて、どうすべぇ、と思っていたら、
言語交換をしているmikiさんという台湾の大学生がいつも行っている美容院に連れて行ってくれる事になりました。
なんでも、そこの店長さん、日本の学校で勉強して美容師さんになった人だとか。
なんで日本語が通じるらしい。

そりゃラッキーってな感じで行ってきました。
シャンプー+カットで(ホントは900元だったけど初回割引で)800元。
ちょっと他よりは高めですが、店長さん日本語通じるし、結構上手いと思うんで妥当な値段かと。

次切るときも此処に行こうかと思います。
mikiさん、ありがと〜m(__)m。
posted by るぃしー at 01:25| Comment(47) | 台湾生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

スケート

今日は、Aitingに連れられてスケートに行ってきました。
いつものメンバー。総勢七名。

生まれも育ちも信州の山奥なので、小学校の時はスケートの授業がありました。
なので、スキーもスノボも出来ませんが、スケートは極度に運痴な私が人並みに出来る数少ないスポーツの一つです。
ただし、スピードスケートに限る
アイススケートは靴を履いたこともない。
という話をしたら、スピードスケートとアイススケートの何処が違うの?という質問が…。
靴に付いてる刃が長いのがスピードスケート、短いのがアイススケートですがな(←説明になってない)。
私的には「この二つは全く違うもの」という認識なんですが、同行者(日本人含む)が全く識別できてなかったのに驚いた。
…私の方がマイナーな人間なのか?

で、行ってみたら、貸し出しのスケート靴は全てアイススケート用。
選ぶ余地は全くなし。
なので強制的にアイススケート靴初挑戦。
…物凄く不安定なんですが(ーー;)。
滑ってもスピードが出ない。

土曜日ということもあり、かなり狭いリンクは結構な人口密度。
しかも、ホントにコーチ付きでアイススケートの練習をしてる小学生くらいの子達と、リンクの外周を滑ってる一般客とが混在。
物凄〜く危険です。
コーチ付けて練習してるような子達は、当然、後ろ向きで滑ったり飛び上がってみたり、スピンしてみたり。
一般客がいるのもお構いなしに、リンク全面使って練習してるもんだから、普通に滑ってても、音楽に合わせて(コーチがスピーカー持って流してる)演技の練習をしてるチビちゃんとぶつかりそうになることもしばしば。
せめて、一般客と演技の練習したい子達と時間を分けるとかしないと、お互い不便なんじゃないかと(ーー;)。あんだけ狭いんだから。
しかも、一組だけじゃなくて、相当数のコーチとチビちゃん達がそれぞれレッスンしてるんだし。
そのうち怪我人が出るんじゃないかと。
あげく、コーチがオモムロにマジック取り出したかと思ったら、氷の上に円を描き始める。
この円の上を滑りなさい。という事だったんだろうけど。
ヲイ(=_=)。
マジックで描くかね、フツー。
ちょいと驚いた。
初めて見たよ、リンクの上にマジックで円描く人。

初めて履いたアイススケートの靴で、取り合えず一度も転ばずに滑れたので、個人的には、まぁまぁかと。
慣れてくると、アイススケートの靴でも結構スピードは出せるもんなんだな、と。
いかんせん、リンクが狭かったので、直線でスピードに乗り切る事は出来ませんでしたが。
ただ、さすがに怖くてアイススケートの靴履いて、スピードスケートの要領でのカーブは出来ませんでした。

帰りは台北駅まで出てかなり早目の夕飯(五時に夕飯食べた)。

駅から帰ってくると図書館の前(キャンパス内)で、新興宗教の勧誘に引っかかりました。
女の人二人がビラを配っているのを、サークルか何かの発表会のチラシだと思って受け取ってしまったのがいけなかった(ーー;)。
「FuYinを聞いた事があるか?」
FuYinが何かの音楽かと思って確かめずに頷いた私(だから止しなさいって(=_=))。

発表会のビラ配りにしては何か雰囲気がおかしいなぁ〜、と思って貰ったビラを見ると、「人生的奥秘」の文字と福音の文字が。
FuYinって福音の事かい(ーー;)。
これは間違いなく何かの宗教の勧誘だ…、と思ったら案の定、「ちょっと一緒に歩きましょうか」とか言われる。
断れずに(一番良くない)、トボトボ歩いていると、やっぱり「生きることの意義」とか言い出すし(ーー;)。
挙句、「あそこ(院生宿舎の前に置いてあるベンチ)に座って話しましょうか」と言われたので、咄嗟に「友達と約束があるんで時間が無い」とオーソドックスな嘘を付く。
「短時間で終わるから」と言いつつ、立ったまま「身体と脳と霊魂は別のもので…」「神が云々」。
更には「この言葉を唱えれば神があなたの心の中に宿るの。一緒に唱えましょう」

すみません。絶対イヤです(=_=)。
(↑当然、心の中で)

別に、新興宗教(正式には新新興宗教?)だろうがなんだろうが、信じるのは個人の自由ですよ、ええ。
ただね、それを他人に押し付けるのは止めてくれ(-_-)

さらに「私達と、お酒を飲みに行きましょう」(聞き間違いをしていなければ、お酒を飲むと神様が身体の中に入ってくるとか言ってた。何で酒なのかは聞き取れなかったけど)
だから、友達との約束があるんで無理ですってば!(嘘だけど)
と言い張って(流石に付いて行ったらマズイ気がした)、解放して貰いましたが、「じゃあ、寮に入るまで、一緒に…」
……………。
ホントに管理人さんのいる窓口の真前まで付いて来て下さいました。
しかも、「一緒に言って下さい」とか言って神様の名前を呟いてるし。
や〜め〜て〜(T_T)。
何とか逃げて来ましたが、まさか台湾で新興宗教の勧誘を受けるとは思ってもみませんでした。

つーか、あの人たち、師大の学生なんだろうか…。
posted by るぃしー at 22:45| Comment(0) | 台湾生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

(=_=)

この時間(台湾時間:午前一時)にして、物凄い雷と雨が…。

春って事ですかね?
しかし、雨は憂鬱だ…。
一足しかない(一応予備はあるけど痛いから履きたくない…(T_T))靴が濡れてしまう〜。
posted by るぃしー at 01:59 | TrackBack(10) | 台湾生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

やっぱり迷子

授業後、中正記念堂の誠品書店に行こうと思い立つ。

雨も降っていたので、師大前のバス停から8番に乗る。
今まで師大から中正記念堂へ行くときは歩きかMRTだったので、バスは初めて。

見た目が古〜いバスだったので、嫌な予感がしたら、案の定、前方の案内板が壊れてる。
で、お約束の様にMRT中正記念堂站を降り過ごす。
まぁ、次で降りれば問題なかろ(=_=)。とか高を括っていたら、次のバス停までが遠かった…。
MRT中正記念堂站前の次の高校の前で降りる。
歩いても五分位だろう、と思って歩き出すも、十字の形をしていない交差点で方向が分からなくなる。
まぁ、こっちだな。と方向音痴が一番従ってはいけない己のカンを頼りに歩き出したら、やっぱり何かが違う。
バスの中からは見なかった塀沿いに何やら警備員らしきお兄さん達が等間隔に立っている。
このお兄さん達に「ここは何処ですか(-_-)?」とも聞けずに、適当に途中で右折(やっぱり山勘)。
しばらくしたら、前方に見覚えのある赤レンガの建物が…。

総統府でした

確かに、近いです。中正記念堂と総統府。
歩いて行けます。むしろお隣みたいな感じです。

でもね、なんで総統府に出るんだろう…。
バスは総統府の前は通りませんでした。
バスの通った道を戻ったつもりだったんですがね。

で、挙句に辿り着いた中正記念堂の誠品は今日明日と、cafeの改修のためお休みですと(=_=)。
101近くの誠品まで足を伸ばそうかと思いましたが、
気力もなかったので大人しく帰って来ました。

やれやれ。

posted by るぃしー at 23:50| Comment(0) | 台湾生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

李安監督

つい先日、アメリカでオスカー最優秀監督賞(日本語これで良いんだろうか)を受賞した台湾出身のアン・リーこと李安監督。

今、国語中心でやっている課の内容がちょうど映画関係なので、
老師がここぞとばかりに李安監督の載っている新聞記事を持ってきます。
その記事の中に、これまでに李安監督の撮った映画が年表形式で載ってるものがあったんですが。
「ハルク」って李安監督の作品だったのね…。
自分的にちょっと意外な感じでしたね。
私は未見ですが、公開当時あんまり評判良くなかったような記憶がありますが…。同時期に公開された別の映画かな?ちょっと記憶が曖昧です。

で、受賞以後はCD屋さんでも李安監督の作品が平積みに。
「飲食男女」「喜宴(漢字が…)」「握手」がセットになったDVDボックスも出ています。三本セットで(確か)299元也。
「飲食男女」は作家の村上春樹氏がエッセイの中で「その年(エッセイの書かれた年)に見た映画トップ3」に挙げていましたね。
ちょくちょく行く台湾大学近くのVCD屋さんの入口で見かけた時は、う〜ん299元…、ってな感じで保留にしてVCDを見ていたら、三枚100元(一枚39元)のVCDの中に「飲食男女」と「喜宴」を発見。
100元なら…ってことで、他の一枚と一緒に購入。残念ながら「握手」は無かった…。
もう一度、「臥虎蔵龍(邦題:グリーン・ディスティニー)」が見たいのでVCDを探してるんですが、なかなか見つからない。
DVDならありそうなんですが、DVDは日本で買って持ってるしな〜(ーー;)。

思案中なり〜。
posted by るぃしー at 09:37| Comment(0) | 台湾生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

安全帽

日本語で言う所のヘルメットですね。
原付率の無茶苦茶高い台北市。
ヘルメットの専門店(店内にヘルメットだけ並んでる)も時々見かける。
日本で見かけるヘルメットより、カラフルで種類も豊富なような気がします。

んで、皆脱ぐのがメンドクサイのか、短時間だったらメット被ったまま、原付を離れます。
一番良く見るのは、ヘルメット被ったままお店の前で注文したのが出来るまで立って待ってる人達。
まあ、それは良いんですが。
コンビニとか、パン屋さんとかでもヘルメット被ったまま店内を歩いてる人もいる。
一度、郵便局の窓口に並んでたら、後ろにフルフェイスのヘルメットを被った人が並んだ事がありました。
これはちょっと驚いた。
下手すれば強盗に間違えられるんじゃ…(ーー;)。
局員の人も特に何にも言わなかったし、良く見られる光景なのだろうか?

今日見かけて不思議だったのが、
おそろいのヘルメット被って熱帯魚の専門店に入ってたカップル。
人事ながら、邪魔じゃないんだろうか…。
青いライトの中におそろいのヘルメット被って、寄り添いながら立ってる二人…って何だか凄く奇妙な光景でした。
某番組のキャラクター・ガチャ☆ンがスキューバダイビングやって「珍しい魚がいっぱいいるよ〜」とか言ってた場面を、脈略もなく思い出してしまった(ーー;)。
posted by るぃしー at 23:59| Comment(0) | 台湾生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

路痴的悲劇

外見も性格も、生き写しといっても良いくらいに父親に似てしまった私ですが(残念ながら頭の中身は似なかった…(T_T))、もう100%母親譲りという性質がありまして。

それが方向音痴

初めて行った場所だと、地図見てても、ほぼ確実に間違えます。
こっちかな〜、と思うと90%くらいの割合で逆に行っている。
昼間行って、暗くなってから帰らなきゃいけない場合はもう100%逆に行くと思って良い。
あと、地下にとか室内。
デパートとか、入った入口から出たくても、目指した所に辿り着けた例がありません(T_T)。
重度の方向音痴は自覚しているので、不安になって「こっちかな〜」と思ったのと逆にいってみても、やっぱりそれが間違ってたり。
ここまで方向感覚が狂ってるっていうのは、動物の一種としてマズイんじゃ…というレベルです。

今日もそれで迷子になりました。
救国団という物凄い名前の教室があります。
ダンスとか、料理とか英語とか色々教えてる所なんですが。
そこに二胡の教室があったので、そこに通うことにしました。
授業料も結構お手ごろ。12回(三ヶ月)で1700元。
週一回の授業。

んで、今日がその一回目の授業で。
私が通うことにした景美教室は、景美と萬隆というMRT駅の丁度中間にあるんで、寮のある師大分部からは歩いていける距離です。
行きは本部から直接行ったのでバスでしたが、帰りは歩いて帰る事にしました。
教室の入ってるビルを出て、左折。
教室も師大分部も羅斯福路沿いなので、迷う可能性は本来ならば無いはず。
路なりにずーっと歩いていけば良いだけ。
教室の入ってるビルを出て五分くらい歩くと萬隆站の前を通ります。
萬隆站の手前でEasy Cardに残金が少ない事を思い出したので、萬隆站に寄ってチャージしていくことに。
歩いて来た方向から見て手前にあった入口から駅構内へ→チャージ→そのまま駅構内をあるいて別の出口(師大に近い方の出口)から表へ。
という手順を取ったつもりでした。

途中でセブンに寄ったりして、自分的には順調に歩いてきたつもり
でも、なかなか師大分部に着かない。
こんなに遠かったっけな〜(ーー;)?まあ、慣れてない道だし遠く感じるのか。と思いつつトコトコ。
しかし歩いていくにつれて、だんだんと師大分部前からバス停三つ分しか離れてないはずなのに、何でこんなに歩くんだ。とい疑問がムクムクと。
ふと、近くにあったバス停の名前を見たら景美站の文字が。
あれ(ーー;)?
MRTの駅の順序でいったら、公館−萬隆−景美の順。
なので、萬隆から師大分部へ戻ろうとしたら、見かける駅は公館站って名前じゃないといけません。
つーか公館站に着く前に師大分部に辿り着くし。

途中で、萬隆站に寄ったあと、駅を出る時に逆に行ったって事ね…。
思いっきり脱力して、目の前にあった景美站からMRTに乗って帰って来ました。

しかしな〜。
地下に入るとホントに方向感覚が狂うとは言え、これはちょっと酷すぎる…。
何とか矯正する方法はないもんですかね?
posted by るぃしー at 00:28| Comment(6) | 台湾生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

台湾映画

台湾の李安監督がアカデミー賞か何かで何か賞を受賞したようで(監督賞だっけ?)。

日本だと、アン・リー監督の方が通りが良いのかな?
私は「アン・リー」で覚えてしまっているので、いきなり「李安監督が…」と言われると、
「誰だっけか、安李…(ーー;)?」という感じですが。

割とヒットした(らしい)「グリーン・ディスティニー(原題「臥虎藏龍」)の監督ですね。
結構好きです。「グリーン・ディスティニー」
国語中心で勉強してる西方人に中国語の映画で何が好き?と言うと結構な確立でこの映画の名前が出ます。
まあ、これ以外の中国語の映画は見たことないな〜っていう人も多いんだけど。

この映画の中で、盗賊役をやっていた張震という俳優さんが格好良かったんですが、
最近の「最好的時光」という映画(だったと思うんだけど…(ーー;)。全ての記憶が曖昧だ)の宣伝で見たときは個人的に「………(T_T)」という感じに(外見が)なっていたので、ちょいと悲し。
映画見てないんで、DVD買おうかな〜と悩んでますが、700元は高いよ…。
(ちなみにこれは監督さん違います)

今回、「断背山」(日本語タイトル知らない)がアカデミー賞候補に挙がったときに、
「カウボーイの同性愛映画なんてとんでもない!」という批判がアメリカの保守団体から出たという記事をネットで見かけましたが。
なんでも、アメリカじゃカウボーイは男らしさの象徴だそうで。
同性同士の結婚を法律で認めるか否か(イギリスは認めたね)が議論されている時に、
こういう映画が放映されると世論が認める方に傾くじゃないか…云々。

実際にまだ映画を見ていないので何とも言えませんが、
たとえ、この映画がアカデミー賞を取ったとしても、そんなに簡単に世論って動かされるものなのかな〜、と。
ましてやアメリカだし。
日本だったらモロ左右されそうですけどね(ーー;)。
それとも「アメリカだからこそ」なのか。
よく分かりませんけど。

まあ、どんな賞にせよ、受賞出来たのは良かったと思います。
おめでとうございます(此処に書いてどうにかなるもんじゃないけど)。

台湾で、made in taiwanの映画を探そうと思っても結構見つかり難かったりするんですよ。
上映中の映画でもアメリカの物や日本の映画は多いんだけど、台湾人の監督さんによる台湾人の俳優さんメインに使った映画って意外と少ない気がする。
テレビドラマや何かは当然豊富なんだけども。
なんでだろう?

まあ、日本みたいに、一本何かがヒットしたら泥縄式に似たような映画ばっかり製作されて放映されるのもどうかと思うけど。
(「世界の中心で〜」以降の“純愛ブーム”なる訳の分からない流れに乗った作品とかね。
ちなみに台湾で売られてるDVD&VCD「世界の中心で〜」の日本語タイトル、「世界の中心で愛を叫ぶ」になってます。何か余分な気が…)

面白い台湾映画があったらVCD探して見たいんですが。
何か面白いのないですかね〜。

ちなみに、先学期の老師曰く「李安、昔はイケメンだったのよ〜」だそうで。
う〜ん…。なんか今の写真見る限り“元イケメン”っていう面影はないような…(ーー;)。
これは世代の差?個人の趣味の違い?日本-台湾間の価値観の違い?
じーだーの所為で、イケメンで有名な馬○九台北市長は民主党の岡■前代表にしか見えなくなったし。

今欲しいのは、「聊齋」という台湾のTVドラマのVCD。
どんな話か知りませんが(オイ(-_-))、バスの車体にあった番宣見たときから気になってたのを、今日ローズレコードで見つけてしまった…。
全部揃えると3000元強。
ホイホイと手を出せる値段ではなし。
その前に買い始めた布袋戯のVCD揃えないと…。
posted by るぃしー at 23:19| Comment(4) | 台湾生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

本日の一品

牛舌餅ならぬ

猫舌餅。

一袋45元也。

posted by るぃしー at 18:11| Comment(4) | 台湾生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

もう半年。

新しい交換生がこちらに着き始めています。

日本人は三人よ〜、とか聞いてたんですがね。
実際では私の知る限り四人来てるみたいです。
二人が学七舎で二人が院生宿舎。

私の部屋にも一人A☆Uからの学生が入りました。
A☆Uは、まだ半年期間が残ってる子がいるから正直新生が来るとは思わなかった(ーー;)。

つーか、失礼な言い方ですが、一人いる台湾人のルームメイトが週一らいでしか寮にいないのに、日本人のルームメイトって、前と環境が変わんないような…(T_T)。

もうちょっと積極的に外に出て行けということか…。

来台といえば、先週から異文化の学生さん達がこっちに来ています。
今日で丸々一週間かな?
初めて台湾に来てから二年か〜。

……年取った(T_T)。
posted by るぃしー at 23:44| Comment(0) | 台湾生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

ふ〜(ーー;) No.3

んで、もって12日は元宵節。
国語中心の行事で平渓の天燈節(?)へ行ってきました。

国語中心の年間行事が発表された時から一番行きたかったのが、この行事。
天燈を空に放つというイベント。

思った以上に物凄い人で、人疲れしましたが、なかなか良かったです。

台湾 天燈 022.mpg

↑何が何やら分かりませんが、一応、写真を。
友達から評判の良かった動画を上げようかと思ったら、重すぎてUP出来んかった…(T_T)。
posted by るぃしー at 23:15| Comment(4) | 台湾生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふ〜(ーー;) No.2

んで、北京ダックの次の日にお引越し。
学七舎から、やー☆ーずが住んでいた研究生宿舎へ。
いったいあのスペースの何処にこんなに荷物が潜んでいたのかと思うほど大量の荷物で、
寮と寮の間を合計10往復ぐらいしました(ーー;)。
つ、疲れた…。

ようやく片付けも終わり、んじゃ、ネットでも〜と思ったら繋がらない…。
寮でネットに繋ぐ際に、登録が必要なんですが、その登録の内容が学七舎のままになっているから繋がらないんだという予想はついた。
でも、どうやって登録内容を変えたら良いのかが分からない。
あれ〜(@_@;)と思って一階の服務台へ。
したら、いきなり電話をかけて「今日引っ越してきた日本人の子がネットが繋がらないって言ってるから助けてあげて」と。
もしや…と思って行って見ると、案の定、やー☆ーずの室友でした。
初日から、迷惑をかけてしまってゴメンナサイです…。
結局彼女も原因は分かれども解決方法は見つからなかったので、「明日、電脳中心に行けば良いよ〜」ってなアドバイスを頂く。挙句に花連のお土産まで貰ってしまう。

夜は夜でお隣の部屋の留学生(どうやら国語中心の学生ではないみたいなんだけど…)が顔をだしてくれました。
ただ、ぜ〜んぶ英語で話されても中学から退化はすれど進歩はしていない私の英語能力。
何か返そうと思っても中国語が出てきて英語が出てこなひ…(T_T)。
ひたすら怪しい日本人でした。

少しずつこちらの寮にも慣れていこうと思います。
今、大学は寒假の真っ最中でフロア自体に人が少ないです。
posted by るぃしー at 22:56| Comment(0) | 台湾生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふ〜(ーー;) No.1

ちょっとここ最近バタバタしてたんですが、ようやく一段落つきました(ーー)。

まず、26日に帰国して、9日に帰国するまで、ひたすら実家でボーっとして来ました。

帰国した週の土曜日、静岡にある父方の姉の家に顔を見せに行ったのですが、
日帰りしたその翌日の朝、父方の祖母が倒れたという連絡が。
幸い命は取り留めましたが、まだちょっと意識がハッキリしない。
というよりも、父親曰く、「惚けた状態」。
帰る前に入院している病院にお見舞いに行きましたが、上手く回線が繋がる時と繋がらない時がある感じ。
回線が繋がっている時はちゃんと喋れる(といっても朦朧とした感じ)けれど、繋がっていない時はまんまりこっちの言うことにも反応しない。
でも、起き上がろうとしたり、眼鏡を掛けたがったりはしたので、外の事は認識できているんだな、と思ったのですが。

そのまま私は台湾に戻って来ましたが、その後お見舞いに行った父親曰く、「惚けた状態は相変わらずだけど、元気は大分出てきた」とか。
もともと結構な高齢なので「早く回復」というのは無理かも知れませんが、
ゆっくりで良いから良くなって欲しいと思います。

そんな事がありつつも、久しぶりに地元の友達とあったりして来ました。
実は用事があって、日帰り三時間のみの滞在で京都に行ったりもしたんですが。

なんとなく更に太って帰って来たような気がして怖いです…(T_T)。

んで、帰って来た翌日に、北京ダックを奢って貰いにノコノコと出かけたり。
一昨年、異文化で一緒に台湾に来たNちゃんが地元のお友達と一緒に台湾に来ていたので、
Nちゃんとお友達たちと一緒に、u☆aさんのお友達というとっても遠い関係の方に(笑)奢って頂きました。
ここで言っても仕方が無いかも知れませんが、Iさんご馳走様でしたm(__)m。
u☆aさんも声を掛けて頂いて、ありがとうございました。
(あ、銀行の事もありがとうございました。今日返してもらえました〜)
posted by るぃしー at 22:35| Comment(2) | 台湾生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

航空券

日曜日に帰国の為、寮を出た二人の韓国人交換生、実は航空券の予約をし間違えて、空港で一泊して、月曜日の朝の便で帰国する事になったという事件が発生しまして。
見送りに空港まで一緒に付き添ったオランダの交換生は「訂錯了」(予約し間違えた)という表現をしましたが、これ半年オープンのチケットで来てリコンファームするのを忘れたという事だと思います。

私の方も、そろそろ買いに行かなきゃまずいね〜って事で、u☆aさんにお願いして、台北車駅のEZトラベルへ。
師大夜市の韓国料理屋さんでu☆aさんのお友達のKさんと一緒にお昼を食べてからMRTで台北車駅まで。
今まで、台北車駅で航空券が買える事を知りませんでした…。

本当は27日(28日が大晦日に当たるため、絶対に買えないだろうと)に一日だけ請假して帰ろうかな〜と思ってたんですが、チケットが無かった。
「24日なら…」ってな事を言われたんですが、24日からだと4日も請假せねばならない。
4日も休むのはちょっと痛いなぁ(ーー;)ってな感じで悩んでいると、「あ、26日ならありますね」って事で26日に帰ることにしました。

日本ー台湾の航空券は1月26日〜2月3日は値段が跳ね上がるらしい。
普段12000元代のが15000元代だって(@_@)。
3000元も高くなってるよ〜。
ちなみに26日の夜に日本に帰って2月9日の朝に台湾に戻ります。
往復で14000元代也。
普段よりは高いですが、それでも日本で買うよりは安いか。

何事もなければ26日に帰ります。
何か、帰ってる二週間の間に聴力間違いなく退化しそうで怖いです(T_T)。
テープ持って帰って聴こう…。

その後、タクシーで迪化街へ。
普段は乾物を扱うと通りらしいんですが、今の時期はお正月の物を扱う露天が並びます。
u☆aさん曰く「今の時期、夜行ったら身動き取れなくなる」くらいの人出だそうで。
2時位に行ったんですが、それでも結構な人出。
ドライフルーツ(マンゴーと林檎中心に)とアメリカからの進口だというグミみたいなお菓子を購入。
その他にも、u☆aさんも仰ってましたが、物凄く食い合わせの良くなさそうな組み合わせで色々と試食して来ました。
お正月は台湾にいる事が出来ないので、こちらのお正月を見ることが出来ないのですが、
ちょっとだけお正月前のあのザワザワした感じを味わう事ができました。
そういえば、西暦の大晦日は101の花火を見ただけでその後のお正月気分は全くなかったし(1月2日から授業だった)、農暦のお正月も、既にお正月気分からは脱却してしまっている日本にいることになるので、なんとなく損したような…(ーー;)。
ボーっとしてたら年を越し過ごした感じで。

何はともあれ、u☆aさんのお陰で無事に帰ることが出来そうです。
ありがとうございましたm(__)m。
いつもいつもお手数をおかけしてすみませんです。
posted by るぃしー at 23:43| Comment(1) | 台湾生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

お見送り。

今日、お向かいの部屋の子二人が帰国するのでお見送り。
と言っても寮の入り口まででしたが。

二人とも笑って帰って行ったので、湿っぽい雰囲気はなかったのが良かった。
あんまり話す機会もなかったんですが、やっぱりちょっと寂しいです。
私もあと半年しかないんだなぁ。

頑張ってもうちょっと話せるようにならないと。
その前に院生宿舎へお引越しだ。
posted by るぃしー at 12:32| Comment(0) | 台湾生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

苺狩り

室友のYちゃんの言語交換の相手とその会社の同僚の方達と一月だというのに苺狩りに行って来ました。
苗栗という所。
片道バスで三時間。
朝八時に古亭駅で待ち合わせだったので、行きのバスの中で爆睡。
夢うつつに、こういう時にパニック映画流すの止めて欲しいな〜などと思いつつ。
だって、眼を閉じてるから人の悲鳴だけが聞こえてくるんだもん…。

着いてからお昼を食べて苺狩り。
日本の苺狩りと違ってその場じゃ食べられません。
買ってお持ち帰り。
やっぱ農薬の関係か。
一キロで180元。

帰る途中寄った、特産品センター。売ってるものがやっぱり全部苺関係
草苺米粉だの草苺貢丸だの草苺大腸だの結構おっかない物が。
何もそんなものまで苺にしなくても…とか思いつつ、Yちゃんの買った草苺大腸を一口貰い、
苺アイス食べて来ました。

帰りのバスでもやっぱり爆睡しつつ、帰宅。

一旦帰宅してから、15日に帰国してしまう(半年のプログラムで来ていたため)お向かいの部屋の韓国人の子二人へのプレゼントをYちゃんと買いに出る。
二人に色違いでおそろいのピアスを購入。
帰ってから二人にカードを書く。
posted by るぃしー at 23:51| Comment(0) | 台湾生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

五月天

授業の後、日本人のQing☆i、韓国人のZhi◎uanとそのお友達の韓国人の四人で、
師大夜市のカレー屋さんでお昼。

Zhi◎uanのお友達、実はモノスゴイ五月天のファン
五月天は、台湾の五人組のロックバンド。
私も結構好きでCD何枚か持ってたりするんですが。

彼女の場合、台湾に留学を決めたのも五月天が台湾のバンドだから。
将来は五月天を韓国で紹介できるような仕事に就くのが夢なんだとか。
サイン会には三回行ってて(それもわざわざ台中とかまで遠征)、そのうちの一回は、
ボーカルの阿信に抱きついた事があるらしい(ーー;)。
あ、もちろん阿信本人の了解は得たらしいんですが。
ポスターも何枚か持ってて、毎日CD聞くし〜、とか嬉しそうに話してましたな。
で、デジカメで撮ったサイン会やライブの時の写真や動画を見せてくれました。
(彼女は阿信迷らしく、彼の写真だけでしたが)
台湾って、サイン会の時は時間を区切って写真撮影は可能だと聞きましたが、
ライブでも撮って良いのかね(@_@;)?
下手したら違法行為じゃ…とか思ったんですが、黙ってました。
携帯の裏にも阿信の写真が貼ってあって、冗談で「私の彼氏」とか言ってた彼女。
本当のファンとはこういうものだと確認致しました。

P.S.
ここの所コンスタントにパソコンが使えないため日付を弄って更新します。
posted by るぃしー at 22:02| Comment(2) | 台湾生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

パパさん…。

ここ数日、毎晩実家の親と携帯のメール使ってやりとりしています。
まあ、話題はご昇天なさったPCの事。
まあ、チケット取れたら帰るかも〜(-_-;)ってな事を。

かつてレイン★ースタッフの研修を受けてた癖に、この手の事がまったく分からない娘の為に、父親が職場のPC関係に詳しい方にお勧めのPCを聞いてくれたりしてました。
んで、二日程前にその方からメールを頂きました。
「これなら値段の割にスペックも十分だし、お買い得では?」というPCを紹介して下さいまして。
で、同様のメールが父親の所にも行ったらしく、紹介していただいたメーカーのHP等眺めつつ「買うならこれかな〜(その人お勧めのヤツ)」ってな事を話してたんですが。
そんな中、先日父親から衝撃のメールが。
「あのパソコン、注文したから。今月の21日頃こっちに届くって。いつ帰って来れそう?」って…。
早っ(@_@)
そんな、そんな、もう注文したって!
まだ帰国するかどうか悩んでる時に…。

これで帰らない訳にはいかなくなりました(-_-)。
帰ります。PC受け取りに。二月頭に!
(でもまだチケット買ってない…(-_-;))
posted by るぃしー at 17:14| Comment(2) | 台湾生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

やれやれ(-_-;)

非常に面倒ですが、二月中に五日間ほど(滞在日数はまだ未確定)帰国することが決まりまして。
まだ何日に帰れるのかも決まってないから飛行機チケットの予約も出来ないんだけれど。

まあ、こうやって国語中心のパソコン使えばメールは見られるし、ブログの更新も出来る。
いざとなったら日本から持ってきた携帯使えばyahooのメールなら見られるし、打てる(使用料が恐ろしいけど)。
でもね〜、つまんない(ーー;)。
今までは、夜に一番PCの使用時間が長かったんですが。
六時だか五時にはここの部屋閉まるし。
ここのPC、MSNのメッセンジャーも使えるんですが、こんな時間(昼間の二時三時)誰もログインしてないよ…(T_T)。
日本にいる時はそんなに頻繁に使ってなかったんですが、こっち来て毎日結構な時間PCと睨めっこするようになりましたから。
PCで遊んでないで勉強しろよって話ですが…。
わかっちゃいるんですがね。

つまんないよ〜(ーー;)。
posted by るぃしー at 15:50| Comment(3) | 台湾生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

帰国決定(ーー;)!

してしまいました(号泣)
原因は言うまでもなく我がオオボケPCのせい。
無理やり起動して使ってたんですが。
昨日ついに
ピクリとも動かなくなりやがった(T_T)/~~~

もうこうなったら修理に出しても先が怖いっていう事で、
過年休暇に帰国して新しいのを購入して来ることに。
良かったキーボードおかしくなった時点で卒論とか写真のデータ、CD-Rに全部非難させといて。
(させたよな、確か!
いえ、別に台湾で台湾のメーカ−で買っても良いんですがね。
これには色々と問題が付随しまして(ーー;)。

仕方なく帰国です。
畜生!一年間帰る予定なんてなかったのに!
よりによって一番麻煩な物が壊れなくたって良いじゃんかぁ(T_T)!
posted by るぃしー at 16:14| Comment(0) | 台湾生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。