2005年08月03日

トラベルバトン

先日、やーしーず から回って来たトラベルバトンなるものに、遅くなりましたがお返事を…。
なんだか、色んな種類のこの手のバトンがあるみたいですね。
人様のを読むのは楽しいですが、さて自分のはどうなるか… ^_^;

Q1.今までで一番良かった国内の旅行先

A.【沖縄】
行ったのは小学校四年生くらいの夏休み。家族旅行で行きました。
インパクトに残ってるのは、名前は忘れたけれど、自殺の名所だと観光タクシーの運転手さんが言ってた断崖絶壁。そこから覗き込んだ海の青さを未だに鮮明に覚えています。
基本的に子供のころから高所恐怖症の人間なので、好き好んで高いところから下を見下ろすような行為はしないんですが、何故かその時はバッチリ眼下に広がる海原を見下ろした記憶があります。漠然と、此処からなら飛び降りても怖くないんじゃないかな…、と考えてたような気も。
あの運転手さんの言った自殺の名所云々の真偽は分かりませんし、自分の中のあの風景画どこまで正確であるのかはよく分かりません。
ただ、どこか非現実なまでに青く澄んでいたあの海で死ねるのなら、意外と幸せなんじゃないかと十年以上経った今でも思うことがあります。
ひめゆりの塔 とか ハブ対マングース とか 物凄い音で飛んでいくアメリカ軍の戦闘機 とかいろいろな物を見たんですが、沖縄と言われて思い出すのは、あの日に見た海の色。


Q2.今までで一番良かった海外の旅行先

A.【上海】
一番良かったというか、今までの人生で純粋に「旅行」として行った海外は上海のみなので(^_^;)。去年の異文化で行った台湾は、あれは一応旅行じゃないよね…?
二泊三日、滞在時間約50時間!という無茶なスケジュールでしたが。
特にどこへ行くとかも決めないで、ホントに一日中歩き回ってました。
たまたま迷い込んだ古い住宅街。車なんか通らない細い道。その中にあった、どこに医療器具があるのかも分からないような歯医者さん(22年の中で見た一番現実的に怖い光景があれだった)。道に直接ビニールシート敷いて商売してる露店。廟の前の歩道で将棋に似たようなゲームをやってるおじいちゃん二人と、それを取り巻いて観戦してる大勢のお年寄り。そのちょっと離れた所では、物凄くスローテンポで体操をしてる、やっぱりお年寄りの集団が。
その道を一本抜けると、バスだの車だのが猛スピードで走っている大型道路があって、近代的な建物が建つ場所があった。
とにかく、なんの境界線もなく新しいものと古いものが入り混じっているという印象を受ける街でした。


Q3.これからいきたい国内旅行先

う〜ん。取りあえず思いつくまま列挙。
・高野山の「紀伊山地の霊場と参詣道」
・函館
・もう一回沖縄
・屋久島

統一感のない希望ですね…(-_-;)。


Q4.これからいきたい海外旅行先

やっぱり、これも思いつくまま列挙。
・トルコのカッパドキア
・アンコール遺跡(アンコール・ワットとかアンコール・トムとか)
・モヘンジョダロ
・泰山(封禅を…)
・敦煌:莫高窟、大同:雲崗石窟、洛陽:龍門石窟
・秦の始皇陵
・マチュピチュ
・ウィーン
・アイルランド

やっぱり統一感というものがない(ーー;)。
要は、世界史の教科書に載っているような遺跡巡りをミーハー的にやってみたいんだということですかね。あとは最近読んだ本とか、テレビとかの影響で。
サバイバル能力著しく低いくせして、どうしてこういうサバイバル能力の要求される処ばかりに行きたがるのか、とは我が母上のお言葉ですが(__)。


Q5.バトンを渡す誰か

色んな場所に行っていそうな じーだー(博物館実習終わってからで良いです)。
もし、このブログを読んでくれているようならYahuiさん。
それから博物館実習で一緒だった滋賀のMちゃん。

この三人にお願いしますm(__)m。
時間があったら回答してね〜☆
posted by るぃしー at 15:44| Comment(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。