2005年07月25日

マニアの定義

本日の実習は半日で終了。
というのも、うちの班は金曜日に終了時間を延長して、
今日やる予定だったことを全て終わらせていたから。

他の班の人たちは、今日が一番大変だったみたいです。
重労働をする方々を横目に、本日は収蔵庫でお勉強。
重要文化財クラスの仏像が無造作に置かれていたりして、なかなか見応えがありました。

間近で見ると全然迫力が違いますね〜(^^)。
どうしても、展示会場だと、台の上に乗せられてたり、ロープで一定の距離以上は近付けないようにされてたりして、実際の大きさを実感できる機会は少ない訳で。
作品の保護の観点からいけば仕方のない事ではありますが。
近付けないようにしとかなきゃ、絶対触る輩とかいるもんなぁ…。
滅多にないチャンスだったので、学芸員の方に“触るなよ〜”とか言われつつ、思いっきり近付いて眺めてしまいました。

ちなみに、うちの班は美術を専門に勉強してる人達が大半です。
美大の学生とか美術史専攻とか、デザイン関係の勉強してる人とか。
唯一、門外漢の私(ーー;)。
一番初めの自己紹介の時、「東洋史学専攻で前漢代の祭祀について卒論を書いてます」といったら、学芸員の方にマニアックだね〜、と言われました。
私の感覚でいくと、仏像の研究してる人(学芸員)の方がマニアックなんじゃないのかと思うんですが…(-_-;)。
一般の感覚からいくと、東洋史の方がマニアック度は高いのか。
良く分かりません。
まぁ、故宮で青銅器の図録を買って喜んでるようじゃね…(__)。

接近しつつある台風の関係で、予定では11時からだった明日の最終日の実習が、
これまで通り、9時40分からの開始に変更になりました。
明日も朝7時に家を出なくてはならんのか…(T_T)。

で、1時ごろ博物館を出て、3時半に大学へ到着。
その足で、留学中の保険料を払いに行きました。
留学関係の出費の中で、最高額の出費です(ーー;)。
一人暮らしを始めてからの三年半、病気やなんかで病院に行ったのは、これまでで3回のみ(歯医者や何かは除いて。歯医者や眼医者は、実家に戻った時に行きます)です。
とっても頑丈なんです、私。
病院が(というより点滴・注射の類が)大っ嫌いなので、熱が出ようが、インフルエンザの疑いがあろうが、自宅にストックしてある薬を使い、自力での治癒を試みた結果。
なので、台湾でもこの調子で病気知らず、怪我知らずで生活出来るのが一番理想なんですがね…。



posted by るぃしー at 23:54| Comment(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。