2006年03月15日

安全帽

日本語で言う所のヘルメットですね。
原付率の無茶苦茶高い台北市。
ヘルメットの専門店(店内にヘルメットだけ並んでる)も時々見かける。
日本で見かけるヘルメットより、カラフルで種類も豊富なような気がします。

んで、皆脱ぐのがメンドクサイのか、短時間だったらメット被ったまま、原付を離れます。
一番良く見るのは、ヘルメット被ったままお店の前で注文したのが出来るまで立って待ってる人達。
まあ、それは良いんですが。
コンビニとか、パン屋さんとかでもヘルメット被ったまま店内を歩いてる人もいる。
一度、郵便局の窓口に並んでたら、後ろにフルフェイスのヘルメットを被った人が並んだ事がありました。
これはちょっと驚いた。
下手すれば強盗に間違えられるんじゃ…(ーー;)。
局員の人も特に何にも言わなかったし、良く見られる光景なのだろうか?

今日見かけて不思議だったのが、
おそろいのヘルメット被って熱帯魚の専門店に入ってたカップル。
人事ながら、邪魔じゃないんだろうか…。
青いライトの中におそろいのヘルメット被って、寄り添いながら立ってる二人…って何だか凄く奇妙な光景でした。
某番組のキャラクター・ガチャ☆ンがスキューバダイビングやって「珍しい魚がいっぱいいるよ〜」とか言ってた場面を、脈略もなく思い出してしまった(ーー;)。
posted by るぃしー at 23:59| Comment(0) | 台湾生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。